今季3勝目を挙げたメジーナ(Foto: Ryan Miller/Red Bull Content Pool (11/08/2014))

 タヒチのチョーポー・ビーチで25日に開催された世界プロサーフィン連盟主催のワールド・チャンピオンシップ・ツアー(WCT)「ビラボン・プロ・タヒチ2014」で、ブラジル人サーファーのガブリエル・メジーナが優勝した。 [つづきを読む]

現在もALS患者を診察している西国幸四郎医師

 「筋萎縮性側索硬化症」という病名は知らなくても、最近「ALS」という言葉を耳にした人は多いのではないか。あるいは「アイスバケツチャレンジ」と言えば、ピンとくる人はさらに増えるだろう。アイスバケツチャレンジとは、筋萎縮性側索硬化症、英名の頭文字を取りALSと呼ばれる病気の研究支援を目的とした運動で、ここ1、2カ月の間にSNS(ソーシャルメディア)などを通じて爆発的な広がりを見せた。同運動に参加する人は、「氷水をかぶる」「寄付金をALS協会に収める」「どちらもやる」の中から選択し、行った後に次の参加者を2、3人指名する。この繰り返しで参加者は掛け算方式に増えていくが、指名されても強制ではなく、拒否することもできる。この運動には、支援の方法として賛否両論があるが、世界中で何千万もの人を巻き込む社会現象と化した。そこで今回、同運動の良し悪しについてではなく、ALSを知るきっかけとして専門家に取材を行った。話を聞いたのは、脳神経外科の医学博士である西国幸四郎氏(54、大阪)。専門は小児脳神経外科で、サンパウロ市に自身の診療所を構え、サンタ・クルス病院やAACD(身障児童保護協会)などで外来や手術も行っている。 [つづきを読む]

工事中の新スタジアム(Foto: Thiago Fatichi/ Allianz Parque)

 クラブ創立100周年を迎えたパルメイラスが26日にサンパウロ市内で記念パーティーを開き、約2000人の招待客が出席した。また、建設工事が遅れている新スタジアムで9月13日に初のテストマッチが開催されることも発表された。 [つづきを読む]

ストレートで日本を下したブラジル代表(Foto: FIVB)

 バレーボール女子ワールドグランプリ(GP)の決勝ラウンド最終日が24日に東京・有明コロシアムで行われ、ブラジル代表は日本代表を相手に3―0でストレート勝ちして優勝を決めた。 [つづきを読む]

旧神戸斡旋所で記念撮影したグァポレ移民たち

 1954年7月、当時のグァポレ連邦直轄州(現・ロンドニア州)ポルト・ベーリョ市から約15キロ離れたバテ・エスタカ地区に29家族180人が入植してから、今年で60年の節目の年を迎えたトレゼ・デ・セッテンブロ(9月13日)植民地。原始林を伐採して開拓後にゴム栽培を主作物にしたが採算性が悪く、過酷な労働と事前の募集要項では「一掃されている」と記されたマラリアなどの風土病により、数年で耕地を出て行った人も少なくない。「還暦」を迎えた同植民地の歩みを振り返る。(松本浩治記者) [つづきを読む]


Nippo Brasilia
Câmara de Comércio Brasil-Japão
Construtora Ayoshii

ツイッターからもサンパウロ新聞の最新ニュースを!

Logo_twitter

日付/時刻

2014/09/01
22:45 (São Paulo)
2014/09/02
10:45 (Tóquio)