上村館長(左)からサンパウロ柔道連盟に手渡された「嘉納治五郎師範遺訓」

 「南米講道館」で20日に行われた講道館柔道「形(かた)」講習会の開会セレモニーで、ブラジル柔道関係者に寄贈された「嘉納治五郎師範遺訓」。 [つづきを読む]

Noimage2_7

 ブラジルの人々の間では今、国内旅行に対する関心が高まっているようだ。 [つづきを読む]

国内新車販売数(Fenabraveまとめ、登録ベース)

 ブラジル新車市場の低迷は深刻さを増すばかりで、今のところ上向く兆しはない。 [つづきを読む]

Noimage2_7

 光学品の製造メーカーや輸入業者、小売業者らで作るブラジル光学工業会の依頼でコンサルティング会社「GS&MD」が実施した調査によると、ブラジルの消費者の10人に4人は海賊版もしくは密輸品のメガネやサングラス、メガネフレームを購入したことがあるという。 [つづきを読む]

来伯した講道館柔道指導者とブラジル柔道関係者たち

 「柔道は今や日本だけのものでなく、世界の文化になりつつある。正しい柔道を世界に広めたい」―。日伯修好120周年記念事業の一環として、講道館(上村春樹館長)柔道の「形(かた)」講習会が、20日から24日までサンパウロ(聖)市イビラプエラ体育館横の「南米講道館」(Rua Manoel da Nobrega, 1361)で開催されている。その開会セレモニーが20日午前9時から同館で開かれ、上村館長は冒頭の言葉を強調した。期間中、日本から来伯している有段者たちが、柔道の歴史や基本理念をはじめ、「投げ」「固め」など6つの「形」を指導する。 [つづきを読む]


Nippo Brasilia
Câmara de Comércio Brasil-Japão
Construtora Ayoshii

ツイッターからもサンパウロ新聞の最新ニュースを!

Logo_twitter

日付/時刻

2015/05/23
04:14 (São Paulo)
2015/05/23
16:14 (Tóquio)