Noimage2_7

バーやホテル、テレビ製造業、ビールメーカーなど特需の恩恵を受けた一部の業界を除いて、サッカー・ワールドカップ(W杯)はやはりブラジル経済にとってあまり実りのあるものではなかったようだ。 [つづきを読む]

Noimage2_7

高い付加価値、さらに拡大か 3月以降4カ月連続で乗用車・軽商用車の新車販売台数が前年同月割れしているのとは対照的に、ブラジルの中古車市場は今、伸びている。 [つづきを読む]

140705hyo2

6月新車販売 ますます深刻に ブラジル国内新車市場の冷え込みはますます深刻さを増してきた。全国自動車販売業者連盟(Fenabrave、自販連)が2日公表した資料によると、2014年6月の乗用車・軽商用車の販売台数(登録ベース)は前月に比べて9.81%少ない25万655台にとどまった。 [つづきを読む]

Noimage2_7

W杯と需要低迷で休業や労働時間変更など 7月13日までブラジル国内12都市で開催されているサッカー・ワールドカップ(W杯)に絡む休日、景気の減速、低調な需要を背景に、自動車、家電・電機、家具などの耐久財を中心とするブラジルの製造業各部門は従業員の労働時間の変更や一時休業を実施、または計画している。 [つづきを読む]

140725top

養鶏業が盛んなサンパウロ(聖)州バストス市で恒例の「第55回バストス卵祭り」が、18~20日にかけて同市内キスケ・ワタナベ展示場で開催された。同祭は市と市議会、バストス日系協会(真木勝英会長)共催によるもの。期間中、会場内には多くの屋台の出店や特設ステージ上で各種芸能が披露され、一般来場者を楽しませたほか、卵の品評会や養鶏に関する講義、機械や薬、飼料など約65の企業がブースを設けて商談の場となるなど、養鶏関係者も多数出席していた。同祭はブラジルで唯一の卵をメーンにした催しとして定着しており、聖州農務局も後援している。 [つづきを読む]


Nippo Brasilia
Câmara de Comércio Brasil-Japão
Construtora Ayoshii

ツイッターからもサンパウロ新聞の最新ニュースを!

Logo_twitter

日付/時刻

2014/07/26
02:05 (São Paulo)
2014/07/26
14:05 (Tóquio)